遺品整理の業者の選び方┃料金の説明をしっかり聞く

フラワー

近親者のみで行う葬儀

手を合わせる人

気を遣わずに済む

近年葬儀で多くなっているのが、家族葬という形です。家族葬とは弔問客を比較的少なくし、身内や友人、知人のみの近しい関係の人たちだけで葬儀をおこなうことを言います。人気の理由は、弔問客が少ないことで故人とのお別れをゆっくりできることです。家族や親類は事務的な手続きはもちろん、弔問客への挨拶や応対などでしなければならないことがたくさんあります。しかし葬儀自体が小さく、弔問客が少ないのであればその分親族の負担が減り、故人とゆっくりお別れをすることができます。ただし、故人の会社関係やお世話になった方などに失礼のないよう後日きちんと挨拶をすることが大切です。葬儀はゆっくりと行えても、葬儀後に出席されなかった弔問客が家を訪れる場合があるのでそのときの応対をしっかり考えておかなくてはいけません。

少人数で行える

家族葬の特徴は、少ない人数で葬儀を行うのでかかる金額が少なくて済むということです。会社の方やお世話になった方のために行う葬儀であれば弔問客も多くなりある程度の規模のものが必要ですが、近親者だけの小さい家族葬であれば葬儀会場も小さくて済むので人件費もかかりません。お返しの品も多く用意する必要がないので金銭的に抑えることができます。ただ、注意が必要なのが劇的に安くなるということではないことです。家族葬であっても基本的な葬儀の段取りは変わらないので、祭壇や棺桶のサイズなど、選ぶものやプランによっては一般的な葬儀と金額的にそこまで変わらない場合もあります。どんな葬儀が故人にふさわしいのか、よく考えて行うことが重要です。しかし少子高齢化の今、家族葬はますます需要が出てくる葬儀の形と言えるでしょう。